「食彩GARDEN 三浦やさい栽培キット」神奈川なでしこブランドに認定

2018/02/04

オン・ザ・ハンモックの桑村宰知子が開発した「食彩GARDEN 三浦やさい栽培キット」が、神奈川県が認定する女性が開発した優れた商品「神奈川なでしこブランド2018」に認定されました。

本商品は、昨年、女性が考えた優れた企画を表彰する「なでしこの芽2017」の認定を受け、商品化したものとなります。マグロの残渣(加工する際に出る残りかす)を使った有機肥料入りの栽培キットであり、手軽に美味しい野菜が育てられます。

オン・ザ・ハンモックでは、事務局を務める三浦半島食彩ネットワーク内でコラボレーションして、三浦半島のお土産となるようなオリジナル商品の開発を模索していました。今回、認定を受けた「食彩GARDEN 三浦やさい栽培キット」は 三崎恵水産のマグロの残渣を使用して川島農園が開発した有機肥料を使用したものです。タネの選定はミヤサカのタネのアドバイスの元、育てやすい野菜を選定。また、弊社オン・ザ・ハンモックが商品企画、プロデュース及びデザインを担当しました。まさに農業や水産業などで構成される三浦半島食彩ネットワークの特徴を活かした多業種コラボ商品になります。この商品は、「食彩オンラインショップ」で販売しています。(現在、入荷待ち)

illustration by Sachico Kuwamura

また、今年のなでしこブランドには三崎恵水産-fishstandの「マグロコンフィ」も認定され、食彩ネットワークから2商品が選ばれたことになります。

今後、オン・ザ・ハンモックでは「食彩GARDEN 三浦やさい栽培キット」の本格販売を進めるとともに、三浦半島の特徴を活かした商品・サービスの開発を行なっていきます。

三浦半島食彩ネットワーク
https://miura-shokusai.net

川島農園
http://maru-toku.com

株式会社三崎恵水産
http://www.misaki-megumi.co.jp

fishstand
http://megumi-fishstand.com

株式会社ミヤサカのタネ
http://www.miyasakaseed.com

なでしこブランド2018
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f531754/

2018年謹賀新年

2018/01/01

謹賀新年。今年も象形文字フォントを作りました。
みなさま、よろしくお願いします。
2018年のオン・ザ・ハンモックはラブ&ピースで精進いたします!

日立 かながわ子どもサミットを食彩ネットワークがサポート

2017/12/15

11/25(土)に開催された「日立 かながわ子どもサミット」の様子が、神奈川新聞にカラーで大きく掲載されました(2017/12/15掲載)。
「日立 かながわ子どもサミット」は小学生が神奈川県の様々な企業を取材し、壁新聞を制作して発表するというもの。三浦半島食彩ネットワークでは三浦の漁業と農業を取材する横浜市東戸塚小学校をサポート。横浜市東戸塚小学校が制作した三浦の新聞は『壁新聞大賞』を受賞しました。
授賞式にはオン・ザ・ハンモックの桑村が三浦半島食彩ネットワークの事務局長として出席しました。

FMブルー湘南でレギュラー番組「サンデーズのSunday Street」スタート

2017/12/03

onTheHammockも以前よりお世話になっているラジオ局FMブルー湘南 で、Designer & Creator集団サンデーズのラジオ番組「サンデーズのSunday Street」がスタートしました。この番組はデザイン&クリエーションをキーワードに様々なテーマで語り合うトークディスカッション番組です。毎月第1・3日曜22:00〜OnAir。Podcastも配信します(12/3/日スタート http://sunday-street.com)!

マイナビ農業「三浦半島の食の魅力を発信 「食彩ネットワーク」発起人クリエイターの挑戦」

2017/11/01

三浦半島食彩ネットワークの事務局を担当しているオン・ザ・ハンモックの取り組みを「マイナビ農業」さんに紹介して頂きました。
デザイン業、Web・アプリ開発をしているハンモックがどのようにして食彩ネットワークの立ち上げに関わり、なぜ事務局を務めているの記事にして頂いています。ぜひ、ご一読ください。
https://agri.mynavi.jp/2017_10_31_9738/

Yokosuka Sunday Street」のクラウドファンディングプロジェクトが、1週間で目標金額を達成

2017/10/19


オンザハンモックも実行委員として関わっているまちフェス「Yokosuka Sunday Street」のクラウドファンディングプロジェクトが、1週間で目標金額を達成することができました! サポートしていただいた皆様、ありがとうございます!
三浦半島をベースに活動するデザイン会社として、最高に楽しいイベントにしたいと思います。ぜひ皆様、11/5は横須賀中央に遊びに来て下さい!
まだまだ、支援者の方にサンデーズTシャツをお渡しするクラウドファンディングは続いています。5000円のご支援から、このTシャツがゲットできるので、ぜひサポートお願いします!
Yokosuka Sunday Streetのクラウドファンディングプロジェクト
https://www.makuake.com/project/sundays/

Red Tubby and Calico「Umber」Music Video

2017/10/04

Guitar、Bass、Drumsという最小限の編成によるGarage Funk Band「Red Tubby and Calico」の「Umber」のミュージックビデオを制作させていただきました。本映像はビジュアルデザインのためのプログラミング言語Processingを主に使用して作られました。

Red Tubby and Calicoのデビューアルバム『1』の詳細はこちら→ http://rtc.mao-jp.com/?p=41

通常モード

スマートフォンモード

電子書籍『「性別越境」をイスラームで考えた 1997-2003年 上巻」制作

2017/10/02

伊東聰さん著作『「性別越境」をイスラームで考えた 1997-2003年 上巻: MTF 性同一障害当事者のアズハル大学退学事件からイスラームの性別越境を読む 』のKindle本を当社で制作させて頂きました。
本書は伊東氏にエジプトでの調査を修士論文にまとめ、第5回性同一性障害学会で発表したもの。
その内容はあまり世間では知られていないイスラーム世界の「性同一性障害」について、1988年にエジプトで起こった「ムハンマド・サリのアズハル大学退学事件」から読み解いていくという内容です。
そして日本とイスラーム世界を比較することで、「性同一性障害」事情はイスラーム世界より、日本の方が遅れていた!?
生まれ持った性別を変更することができない日本は本当に性別越境者に寛容だったのか?という問題に踏み込んでいきます。
ご興味のある方はぜひご一読ください。
https://goo.gl/LBLi8q

まちなかいろいろフェスティバル「Yokosuka Sunday Street」を開催

2017/09/19

11/5(日)、三浦半島のデザイナー・クリエイターが中心となって企画する、まちなかいろいろフェスティバル「Yokosuka Sunday Street」を開催することになりました!!
このイベントは横須賀中央千日通りの一角をホコ天にして開催するもので、三浦半島食材を使った飲食店ブース、マルシェ、地元の商店による古着屋、古本屋、古レコード、古道具屋などの蚤の市、ワークショップなどを実施します。
また横須賀で活動するDJがBGMをセレクトし、心地よい空間を演出。さらに、英語対応・ドルの支払いに対応するなど、在住外国人が多い横須賀の街ならではの試みも行います。
なぜ、デザイナー・クリエイター集団がこのようなイベントを開催するのかは、こちらのWebをご覧ください。
https://sunday-street.com我々は「デザイン・クリエイティブの地産地消」を提案していきます!

「横須賀西海岸体験たび協議会」パンフレット

2017/07/03

横須賀市で民泊活動を推進している「横須賀西海岸体験たび協議会」のパンフレットをオン・ザ・ハンモックで制作させていただきました!
横須賀西海岸は富士山と相模湾を一望できる素敵なところです。
民泊では農業体験や釣りや海遊びをしたり、受け入れ家庭と一緒に郷土料理を作ったりと、普通の旅では体験できないことがあります。
パンフレット制作で取材させていただきましたが、民泊に来た学生と受け入れ家族の別れのシーンでは、胸が熱くなりました。
パンフレットでは横須賀西海岸の素敵な景色と民泊体験を紹介しています。