9月21日(日)にアメリカのロサンゼルス入りをして、海外ノマド生活は今日で早4日目。昨年の「ラオス縦断の旅」に続き、今年もonTheHammockの「グローバル ノマドLife」が始まりました!今年は『アメリカ大陸横断の旅』です!


キャンピングカーをレンタルしたり、Airbnbを利用しつつ、アメリカ大陸をロードトリップしながら1ヶ月間、生活します。


“都心から近いけど遠い”三浦にオフィスを置いているonTheHammockは、都内の打合せが連日重なって移動時間が取られる日が多くなると、「移動オフィス(キャンピングカー)が欲しいね〜」と話していました。(※ 最寄り駅(バス)から都心まで:約2時間)そこで、今回は実験的な意味もこめて、今年のグローバルノマドLifeは『アメリカ大陸横断 -ロードトリップ』となりました。


「1ヶ月アメリカへ行ってきます」


というと、たいてい「えーっ!!!(1ヶ月も?)」と驚かれるのですが、100%バケーションではありません。日本にいる時より遊びの時間は増えますが(汗)、基本的には場所がいつもと異なるだけで、当然お仕事もします。異国の文化に触れながら、さまざまな土地のセンスを吸収したいなと考えています。


昨年のラオス旅行も、私たちのFacebook投稿が遊び中心だったのか「本当に仕事してるの?」と疑惑浮上でしたが(笑)、本当に仕事していました。


中国の昆明空港での長〜い待ち時間中に、あるクライアントのサイト用のバナー画像を黙々と作り、旅終わりまでにサイトを完成させました。ラオスの山奥で複数の見積書を作成し、Skype MTGもしました!旅中は自然と早寝早起きになり、普段よりも規則正しい生活を送っています。また、限られた時間内での行動なので、常に「隙間時間フル活用モード」となり、以外と仕事が効率よくできますよ。ぜひ、お試しを〜(ということで、日本からもアメリカからもお仕事のご依頼お待ちしています♩)

 

Global Nomad Life グローバル ノマド ライフ

国際的遊牧生活?

今でさえ、『ノマドワーク』という言葉は普通に使われていて、説明がなくても通用すると思います。だけど、、ノマドワークという言葉が生まれるずっと以前、私は高校生の頃から「世界のいろんな国を飛び回りながら生活したい!」と言い続けていました。海外ひとり旅が好きでハマっていたのは、そんな所からかもしれません。そう考えたらー、もしかしたらー、今は当時の思いが少しずつですが現実になっているのかも知れないですね。


今は世界中のどこへいってもインターネット環境があれば、簡単にコミュニケーションがとれるので、SkypeやLINEを使って打合せもできるし、Dropboxなどでファイル共有も簡単!飛行機の中でスマフォ充電ができちゃうし、Wi-Fiも繋がる時代だからこそ、ノマドワークがしやすくなったわけで、さまざまな事に感謝です。

 

ところで、「W ロードTrip」の『W』って何?

私たちの旅のコンセプトは「What a Wonderful World!」なのですが、アメリカ地図の上に旅程をなぞってみたら、なんとなくアルファベットの『W』に見えました。でも実は、いちばん意味が込められているのは…今後の旅ブログでお話しします!お楽しみに。