「食彩GARDEN 三浦やさい栽培キット」神奈川なでしこブランドに認定

2018/02/04

オン・ザ・ハンモックの桑村宰知子が開発した「食彩GARDEN 三浦やさい栽培キット」が、神奈川県が認定する女性が開発した優れた商品「神奈川なでしこブランド2018」に認定されました。

本商品は、昨年、女性が考えた優れた企画を表彰する「なでしこの芽2017」の認定を受け、商品化したものとなります。マグロの残渣(加工する際に出る残りかす)を使った有機肥料入りの栽培キットであり、手軽に美味しい野菜が育てられます。

オン・ザ・ハンモックでは、事務局を務める三浦半島食彩ネットワーク内でコラボレーションして、三浦半島のお土産となるようなオリジナル商品の開発を模索していました。今回、認定を受けた「食彩GARDEN 三浦やさい栽培キット」は 三崎恵水産のマグロの残渣を使用して川島農園が開発した有機肥料を使用したものです。タネの選定はミヤサカのタネのアドバイスの元、育てやすい野菜を剪定し、また、弊社オン・ザ・ハンモックが商品企画、プロデュース及びデザインを担当しました。まさに農業や水産業などで構成される三浦半島食彩ネットワークの特徴を活かした多業種コラボ商品になります。この商品は、「食彩オンラインショップ」で販売しています。(現在、入荷待ち)

illustration by Sachico Kuwamura

また、今年のなでしこブランドには三崎恵水産の「マグロコンフィ」も認定され、食彩ネットワークから2商品が選ばれたことになります。

今後、オン・ザ・ハンモックでは「食彩GARDEN 三浦やさい栽培キット」の本格販売を進めるとともに、三浦半島の特徴を活かした商品・サービスの開発を行なっていきます。

なでしこブランド2018
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f531754/

三浦半島食彩ネットワーク
https://miura-shokusai.net

川島農園
http://maru-toku.com

三崎恵水産
http://www.misaki-megumi.co.jp

ミヤサカのタネ
http://www.miyasakaseed.com